« 名倉さんレコ発写真 | トップページ

不毛な関西インディーズ音楽シーン

先日とある仕事で譜面書けない、コードを理解してないアレンジャーと名乗る勘違い野郎に遭遇しました。

何の結果も出して無いのにプロデューサーと名乗って、若いプロ志望の子達から小銭を集めるダメ人間も知ってます。

ひたすらストリートライブやインストアライブに奔走し一部のファンに煽てられてアーティストと名乗っている勘違いしている歌の人も沢山います。

今の時代、少しの知識とPcがあれば誰でも音楽を作ってしまえる時代となってしまいました。

お願いします。

パート譜がしっかり書けてからアレンジャーと名乗って下さい。

お金の無いインディーズで活動している無知な子達を結果も出して無いのに勝手にプロデューサーと名乗って自己満足の道具に使わないで下さい。

アーティストと言う言葉の意味をもう一度よく考えてから自分の事をアーティストと名乗って下さい。


まぁそれでも輝きを放つ人材はやはり出て来ます。

そう言う人は数年のうちにオーディションやコンテストで結果を出してさっさと東京でアーティストとして仕事を始めています。

仲良しグループで企画ライブやって数十人のお客様集めて自分達に未来があると本当に思っているんでしょうか?

何と言われようが自分は真っ当な音楽技術と知識を伝え、自分が受け持つ子達は少なくとも正しく導いているつもりです。

結果も出してきました。

このまま関西の音楽シーンが腐っていくのは忍びないですが、自分一人が吠えた所でどうにもならないかもしれません。

ただ余りにも酷い状況が最近目についてしまいました。

せめて自分と自分の周りだけでもしっかりと守って、真っ当な音楽人で有り続けたいと思います。

|

« 名倉さんレコ発写真 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1128838/71934174

この記事へのトラックバック一覧です: 不毛な関西インディーズ音楽シーン:

« 名倉さんレコ発写真 | トップページ